2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
読んで良かった本

2013.07.06 (Sat)

運と実力の間(あわい)―不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方― (著)木原直哉

最安値見つけました。!
http://tinyurl.com/k5yb7vl





埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス




運と実力の間(あわい)
―不完全情報ゲーム(人生・ビジネス・投資)の制し方―
(著)木原直哉





http://tinyurl.com/kxa34xb


本書は、プロのポーカープレイヤーの書いた、
勝負論です。

木原氏を含め、プロのポーカープレイヤーは、
この期待値(確率や統計を踏まえて)
を常に考えながらプレーしている。

しかし、WSOPという
ポーカー界のオリンピックのようなものとなれば、
期待値を考える以外に欲しい物がでてくる。
お金もそうだが、
それは名誉であったり名声であったりと様々です。



そのWSOPの種目の一つで優勝したのが、木原直哉氏。

彼は、決勝戦(最後のテーブル)まで約2日と寝ておらず、
もはや名誉の事など考える暇さえ体が与えてくれず
(すごい笑)、

そこでも自分のプレー、自分の決めたスタイルを貫きまた。
その結果が優勝に直結したのです。





このポーカーというゲーム、
木原氏の言う通り実力と運が半々
(人により比率が異なるが)と言われています。
もちろんフィッシュ(日本語での「かも」)との戦いになれば、
実力差が現れますが、
強者同士の戦いとなると本当に運と実力、半々の勝負。


それを踏まえて155ページ


「では、運というものについて
私が完全に無視しているのかというと、
もちろんそんなことはありません。
運やツキと呼ばれる物はランダムに
誰の所にも訪れるのだろうと思っています。
(中略)問題は、運が良かったと後から振り返って思える時に、
きっちり運を掴み取って結果に結びつける事ができるかどうか。
そのために必要なのが実力で、(続く)」
"


確かに。

株を守りて兎を待つばかりでは、
逆に運というものを自ら逃しているんですよね。
この「行動」と「運」についての本はいくつか出ているので、
読んでみるといいです。



さて、最後にポーカーといえば「ポーカーフェイス」

世界大会ではポーカーフェイスバリバリなんだろ?
と思われるかと思います。
確かに、そういうポーカーフェイスができないと
癖を見抜かれる恐れがありますが、
上級者同士の戦いでは、それは生きた情報ではないとのこと。

これについては120ページからの
『コストのかかっていない情報は信用しない』
を読んでみると面白いと思いますよ。




http://tinyurl.com/kxa34xb


こちら、ワンクリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ


川口市での相続相談
相続手続き相続税対策
知らないと損をする賢い節税対策
あなたの資産を守ります。
http://www.aisouzoku.com/


埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス






最安値見つけました。!
http://tinyurl.com/k5yb7vl
スポンサーサイト

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

08:34  |  埼玉県川口市起業家の本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.06.03 (Mon)

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす (著)エリック・リース

埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス





リーン・スタートアップ
―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
(著)エリック・リース




http://tinyurl.com/lrcqd9k



そもそもリーンスタートアップとは?

私なりの解釈では、
「無駄のないプロダクトマネジメントの手法」と、感じました。
大手企業でも、中小企業でも、
いずれのケースでも適用される非常に
実用性の高い書籍だと思います。
 
 
 
まずざっくりと、本書で大きく学べたことは二つほどありました。
一つ目は、スタートアップにおける失敗の典型例から学ぶポイント。
二つ目は、成功するために重要な戦略ピボットとは?です。
 
 
特に、具体的に以下のようなところが面白かったです。
(MECEでもなければ、順不同で、
最重要な点をおざなりにしていたりするのですが、、)
 

1)「失敗を達成する」ケースがいかに多いことか

本書では、失敗するケースを、ただ失敗したわけではなく、
「計画通りの失敗」と、やや揶揄しているような表現をしていました。
しかし、その通りだな、と思ったのです。
 
スタートアップが立てている事業計画ほど、
信頼できない不確かなものはなく、
その事業計画を達成したことで、「失敗を達成」
している企業がいかに多いことも、 ままあるので、
戦略は即断即決ピボットしよう、
机上の仮説には時間をかけないでいこう 
という、ことを言っておりました。
 

2)先行者利益は期待できない

イノベーションから先行者利益を得られる期間が、
近年は短くなっているため、 先行者利益を常に得られるような、
イノベーションの連鎖をうめる組織が重要。

また、1の延長では、結果的に先行者利益すら得られずに、
去ってゆくケースが多い。
 
社内には、イノベーション工場をつくろう。
 
 

3)投資した努力は正しかったのか

あなたが使った時間、努力の総和のうち、
バリューを生んだ時間は、どこにあったか?
逆に、バリューを生んでいない時間はどこか?
極限まで、バリューを生まなかった無駄を探し、
生む時間に集中すること。
 
顧客が価値と感じないことに時間を割くのは、
全く無意味であり、 そのようなこだわりや、
裏側の事情などは、全て排除すべき。
   

4)顧客開発と製品開発のバランス

製品開発のプロセスで、ほとんどが仮説であったら、
顧客にとって必要でない可能性が高い。
しかし、徹底的なマーケット分析をおこなっていも、
それもまた仮説であり、必要でない可能性がある。

だからこそ、無駄なく、最短で開発を済ませ、
まずは触れてもらい、
そして改善するための戦略ピボットを繰り返す。
 
それこそが、顧客開発と製品開発の良いバランスであり、
マネジメントである。
 
 

5)実証・検証にこそ時間を投下すべき

3と4を避ける為にできることとは、
実際の検証による学びにこそ、時間と労力を割くべきであり、
それらに投下すればするほど、無駄は削減されていき、
成功確率は高まる。
 
その後、実際に、
MVP(minimum viable product = 実用可能な最小限エネルギーの製品)を構築し、
さらに、計測による学びを通じて、
よりブラッシュアップしていく。
 
 
 
と、なんだかまとまりのない感じになりましたが、
スタートアップはいずれにしてもリーンな集団であるか
と思います。。
   
スタートアップ経営に近いところにいる方や、
大手企業の、PM / 商品開発担当の方などにも
おすすめできる一冊ですよ。


http://tinyurl.com/lrcqd9k



こちら、ワンクリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ


川口市での相続相談
相続手続き相続税対策
知らないと損をする賢い節税対策
あなたの資産を守ります。
http://www.aisouzoku.com/


埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

08:37  |  埼玉県川口市起業家の本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.05.25 (Sat)

ともに戦える「仲間」のつくり方(著) 南 壮一郎

埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス




ともに戦える「仲間」のつくり方
(著) 南 壮一郎






http://tinyurl.com/q5rcyeb

本書は、急成長中の転職支援サイト
「ビズリーチ」、グルーポン型サイト
「ルクサ」を率いる南壮一郎氏による、
チームづくりとリーダーシップ、
そしてベンチャーへの想いがつづられた本です。

著者は、外資系金融の雄モルガンスタンレー証券から
楽天イーグルス立ち上げに参加、
その後起業独立を果たしました。「ビズリーチ」
立ち上げの起業実践談としても、
とても臨場感と熱がある内容で、
一気に読めてしまうのではないでしょうか。

創業半年で迎えた、開発遅延による倒産の危機

このような経歴を見ると、
相当なリーダーシップや意志の力の持ち主で、
あまり苦労されなかったのでは?
と思われた方も多いのではないでしょうか。


しかし実は著者も起業した当初は、

「最後は自分でやればいい」

「ビジネスの全部にかかわりたい」

という「独りよがり」な考えを捨てきれなかったといいます。

その結果、創業わずか半年で、
バグや開発遅延の多発によりサービスがローンチできず、
「ビズリーチ」は倒産の危機を迎えてしまいます。

特に、ウェブサービスの生命線ともいえる
エンジニアの採用に非常に苦労しています。

「任せる」ということの本当の意味

その著者が

「できないことは、仲間に任せる」
「だから、(自分は)自分にできることを120%やりきる」

という境地に達するまでにはどのような変化があったのでしょうか?

マネジメント経験のある方はご存じと思いますが、
この「任せる」ということが言うは易し、行うは難しです。

この「任せる」ことについて、


「自分の無力を認め、相手の力を認めるところが
仲間探しの原点だったのかもしれない」

という信頼の原点ともいえる経験が、
竹内真さん
(参考:竹内真のCTO対談「BizHack」:エンジニア@type)
という、自身も経営者でもある
スーパーエンジニアに参画してもらうまでの経緯を通して
赤裸々に語られています。

それらの苦い経験を経て、
著者は「誰とやるか」は、「何をやるか」よりも、
はるかに重要である、という確信を持ちます。

つまり事業とは、「仲間探し」ある、ということです。

また、本書ではこれらの経験から学んだ、
仲間をつくり、巻き込んでいくステップとして
7つのポイントが挙げられています。

仲間づくりの7つのステップ



(1)まずは巻き込まれてみる

(2)会う人すべてに夢を語って、仲間を探す

(3)ニーズを聞き出し、仲間に誘う

(4)仲間の言葉を信じて、限界を超える

(5)仲間の心を動かして、信頼関係を築く

(6)仲間と一緒に成長する

(7)仲間と任せ合って、最強のチームへ



それぞれの詳細は、エピソードとともに語られていますので、
ぜひ本書を読んでいただきたいのですが、著者のアドバイスは


「自分の限界を認め、仲間の力を信じること、そして、その結果仲間とともに成長していく」

ということに尽きるように思います。

他にも、多くの著者の経験が語られており、お薦めの一冊です。





http://tinyurl.com/q5rcyeb



こちら、ワンクリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ


川口市での相続相談
相続手続き相続税対策
知らないと損をする賢い節税対策
あなたの資産を守ります。
http://www.aisouzoku.com/


埼玉県川口市不動産物件貸し工場・貸し倉庫賃貸倉庫 賃貸工場貸工場・貸倉庫不動産物件のことなら、ハーネス

テーマ : 起業・独立への道 - ジャンル : ビジネス

08:41  |  埼玉県川口市起業家の本  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |