FC2ブログ
2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
読んで良かった本

2010.06.20 (Sun)

仕事脳―成功する人の脳の使い方

仕事脳―成功する人の脳の使い方



吉田 たかよし (著)
本書はNHKアナウンサー、加藤紘一代議士の秘書、医者という、
まったく異なる職業経歴を持つ吉田さんが
「仕事のできる人」はどのような「脳」の使い方をしているか?
を教えてくれる本です。
医者でもあるので、単なる実感などではなく、
科学的にもその本質に迫っているところに非常に興味があります。


それでは、早速中身を見てみましょう。
(1)
「脳」に適度なストレスを与えることが「脳」の機能を高める。
「1夜漬けパワー」
「締め切りパワー」
も侮れない。 
あと~時間集中するぞ!
と、あとどれだけストレス状態が続くのかを教えてやることで
「脳」の機能は高まる。
意外にも、できる人も1夜漬けしているそうです。

(2)
普段は趣味や娯楽を楽しみ、
ここ一番の正念場では徹底的に集中するという
メリハリのあるスタイルが「脳」の機能を高めるには大切。

(3)
睡眠は1時間30分の倍数でとると
効率よく「脳」を休息させることができる。

3時間で効果をあげるナポレオン式睡眠法などは
非常に効果的です。

(4)
感情を豊かにすれば、「脳」の様々な機能が向上する。
また、感情を込めて
「話す」
「感じる」
ことをすれば、それだけで記憶力が高まる。

φ(..)メモメモφ(..)
これは、人に話すときも使えることです。
感情的に話せば相手の印象に残りやすいですね。

(5)
寝る前30分に記憶すると、
就寝中は邪魔な情報が入らないので忘れにくい。

実は、この30分が記憶には一番効果的。

φ(..)メモメモφ(..)
普通は寝る前こそリラックスしがちですが、
寝る前こそ、その日の復習をするべきなのですね。


(6)
覚える機能と
思い出す機能は違う。

みんな覚えることはできるが、
上手に思い出すことができない。
それを鍛えるのが
「サイレントテレビ法」
・テレビの音を切って、情景や登場物を声に出して表現する。
(詳しいやり方は、本書)
もう一つは、「即答セブン」
・自分で「質問」を作って即答で七つの答えを挙げる。



φ(..)メモメモφ(..)
取り合えず、この2つを習慣としてみました。
すると、声に出すので、感情が前向きになるのが
すぐ分かります。
また、記憶力のどの程度影響しているかは分かりませんが、
車に乗っているときや
お風呂に入っているときに発想が豊かになってくるのが分かりました。


このように本書では
難しい「脳」の働きとその効率の高め方を
難しい説明ではなく、
すぐに効果の出る練習法などを織り交ぜながら
教えてくれます。










川口市の貸し工場・貸し倉庫の総合情報サイト
川口市の貸工場・貸倉庫のすべてが分かる
川口市の賃貸倉庫・賃貸工場のことなら、ハーネス
http://www.harnes.co.jp/souko1.html



川口市での相続相談
相続手続き相続税対策
知らないと損をする賢い節税対策
あなたの資産を守ります。
http://www.aisouzoku.com/




スポンサーサイト



テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

16:07  |  本の知恵  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |